読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Andante Diary

毎日を哲学しながら一歩前進の記。たまにフィクションもあるかも。

リスペクト宣言!!

なぜか毎年夏にしか書いてないけど笑、今年も夏になったので更新します。

 

ツイッターも便利だけど、色々まとめてみよう。

 

私は前の部署の時から社内であまり好かれていない部長の秘書をしている。

彼はあまり自分のことを周りに話さなくて、察してというタイプ。

私は真逆で割と何でもオープンだし、自分にも周りにも嘘つけない。バカ正直だと思う。

 

そんな部長のご機嫌を取るために1年間頑張ってきたら、まさか気に入られすぎて、一緒に異動になってしまった。笑

 

私は前の部署、すごく好きだったし、異動したくなかったけど。。。

2か月くらいは慣れるのに大変だった。

周りは知らない人だらけだし、本部が違うから今までのやり方やカルチャーとも全然違う。

ストレスでバカみたいにお菓子食べてた。笑

 

でも、徐々にグループにも馴染めて、部内の空気もまとまってきた。

 

何よりラッキーだったのは、向かいの席に座っていた副部長の存在だった。

 

ルックスはめちゃめちゃ男前で、小泉進次郎ディーン・フジオカを足して2で割った感じ。

国立大卒で頭の回転も速くて、とにかく要領もいいし、空気も読めるし、ユーモアセンスも抜群でプレゼン上手だし、めちゃめちゃフットワークも軽くてフレンドリー!

いい意味でフツウの感覚を分かっている人だ。

着ている服もいつもオシャレで、ポール・スミスとかユナイテッドアローズが好きなんだと。

アイスホッケーの経験があって、とてもいい身体をしている。笑

若い頃、いきなり子会社に出向になって世界中を船で回っていたので、英語もペラペラだ。

 

そんなスーパー仕事もできて性格も良すぎる男前の副部長のおかげで、自分の振る舞いについて考えるようになった。

 

彼の行動の動機は好かれようと思って、ではない。

何をやってもあざとさはないし、とてもスマートだ。

それゆえに、上からも下からも信頼されて慕われている。

 

私も大したことではないけど、彼から事務仕事を頼まれてやってあげたら、毎回お菓子をもらったり、お土産をもらったり、うまくいったよ~!とか助かったよ~!とかいつもちゃんと報告してくれるので、こちらとしてもモチベーションが上がるし、またやってあげたいって心から思える。

 

今まで自分がこう見られたいと思ったこと、あまり無かったけど、彼みたいに振る舞うようにすれば誰からも愛される存在になれるんだな…と思って日々、彼の行動から何か盗めるものはないだろうかと観察している。笑

 

こんなに心から尊敬できる人の向かいに座らせてもらえているなんて、今年の運勢を全部ここに注いでしまったのでは…と思うくらい本部一幸せだと思う。笑

 

社会人になって毎年何かしら環境の変化があって、自律神経失調症の症状が出てたけど、今年は全く出てない!

 

周りに自分の状況を素直に話せるようになったから、辛い時にヘルプって挙手できるようになった。

そして何より副部長さまさまです。今の私のガソリンです。笑

 

彼氏が欲しいとかより、人として彼みたいに器が大きくてスマートな大人になれるよう日々精進したい大人になりたいと思っている2016夏なのでした。笑