読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Andante Diary

毎日を哲学しながら一歩前進の記。たまにフィクションもあるかも。

自己肯定感と人付き合いについて考えてみた。

最近思い始めたことをつらつらと書いてみる。

 

人付き合いの一番肝になるのは何なんだろうってずーっと思ってたけど、

はっきりわかった。

 

自己肯定感だ!

 

例えばずっと高校の友達とは10年経っても価値観があまりズレたりしない。

みんな今会っても、ほとんど変わってないし、自分のビジョンをしっかり持って、周りに流されたりしないで、我が道を行っている友達が多い。

 

でも東京に出て来てから知り合う人たちはみんなマチマチだった。

 

何でなんだろう。

 

例えば自分の出自をめちゃめちゃ気にしたり、コンプレックスに思ってる人に出会った。

母子家庭とか、一流大学出身のエリートばかりの大企業の中で高卒だとか、正社員で働けなかったとか。

 

それは確かに客観的に見て、気にする人は気にすると思う。

でも、同じ境遇でも自分はめっちゃ幸せだ!っていう人もたくさん出会った。

 

うーん、私だって早めに両親亡くして、血の繋がってる身内は妹くらいしかいないけど、でもそれをあんまり人に話そうとは思わない。

それでカワイソウって思われるのがめちゃめちゃ嫌だ。

もちろん事実だし、意図的に隠そうと思ってるわけではなく。

 

ただ、過去の積み重ねがあって、しんどいことも嬉しいことも、色んなことを乗り越えて来たから今、あなたの目の前にいる自分があるんです。

だからこの自分で好きになってほしい。仲良く付き合って行ってほしいって思うんです。

 

そんなしんどい過去もあったけど、今は大らかな性格で心から尊敬できるな、一緒に居て居心地いいなと思える人たちに囲まれていて、心底恵まれているし本当に幸せだと思う。

それでいいんじゃないかな。

 

仕事がつまらないなら、何か面白いと思えるような工夫をするチャンスなんだと思う。

事務職だし淡々とした作業が多いけど、仕事が退屈だなって思うこと、あんまり無いな。笑

なんか職場の話すると楽しそうって言われること多いんだよな。笑

本当は全然そんなこと無い時でも美容師さんとかに言われる。笑

 

割と思い付いたアイデアは実現して行かないと気が済まなくて、一人旅も全然やるし、夜中でも猛烈に何か食べたいものがあったら、ズボンだけ履き替えてコンビニまでチャリ飛ばして行くくらいにはフットワーク軽いと思う。笑

 

あ、面倒だなって一瞬は思うけど、その向こうにある感動とか満足感は面倒くさいって感情より長く、何なら一生残るものだってある。

人のためにやってあげることも、結果的には感謝されたりしてよかったな~って思えるし、面倒の向こうの感情を見るためなら、結構簡単に頑張れるんだよな。

 

だからもっともっと色んなことを知りたいし、たくさんの人に会って見聞を広げたいし、見たこともない景色を見に行きたい。

ネットや本で見て仕入れた知識より、自分の足で確かめに行きたいんだ!

 

だから知ったかするのは嫌いだ。

やろうと思えば簡単にできるけど、一生学生気分で何でも貪欲に吸収する人間でありたい。

 

最初の話に戻ると、そんな性格なわけで、あんまり自己肯定感が落ちることはない。

年に数えるくらい落ち込んだりするし、心療内科にかかって睡眠薬もらってやっと寝つくみたいなこともあるよ。人間だし。笑

 

人のこともラベルで判断しない。

その人のセンスで好きだなとか合わないかもなって思う。

言葉選びもそうだし、好きな食べ物やお店の選び方、洋服や小物もそう。

センスの方が生まれつきだったり無意識で選んでることが多いじゃないですか!

そういうのの方がその人の本質が出ると思うんですよ。

でも他の人にはなかなか理解されない。笑

 

ラベルはその人の努力とか運が作用するからな。

学歴も肩書きもそうだけど、その時頑張ってたからとか、その時タイミングが良かったからっていうのは大きいんじゃないかと思ってる。

自分も大学や留学行けたのも本当に勉強頑張ってたからってだけじゃなくて、たまたま環境が整っててラッキーだったからって思うし。

 

自分は自分・他人は他人って意識が強くて、承認欲求がもともと低いから、何で分かってくれないの!ああああ!みたいなことは全然ない。笑

別に国立大学卒のエリートでもないし、めちゃめちゃお金持ちのお嬢でもないけど、衣食住揃ってて、仕事もあるし、たくさんのよき理解者にも囲まれて、趣味にも没頭できるし、全然幸せですよ。

 

だけど、世の中には自分のコンプレックス持ってて、自己肯定感が低くて、人が自分のことをどう思うかを自分の存在意義に思う人も少なからずいるんだよな。

別に他の人に認められなくても、自分は自分の思ったように進めばいいと思うんだけど、まず他人が好きになってくれないと自分のこと好きになれないっていう。

 

他人起点の自分なんてつまんないよー!

だって死ぬまで付き合う他人なんて本当片手で数えるくらいしかいないよ?

それなのに他人が思い通り動いてくれなくて愚痴るし、ちょっと自分のこと受け入れてくれそうって気配見えたら相手の気持ちを考えたりできなかったりするの。

他人なんて思い通りに動かない方がデフォルトやと思うんやけどなー。

 

そういう人とはなかなか上手く行かない。。。

文句ばっかり言ってないで行動してみなよ、相手の状況聞いてみなよって段々イライラしてくる。

 

前は頑張ってそういう人たちとも仲良くしてたけど、やっぱり無理しなくてもいいか!って思えるようになった。

自分は自分の尊敬できる人と一緒に居るようにしよう。

ネガティブなことばかり言う人と一緒に居てもイライラしか生まれない。

 

人生は思ってるよりきっとあっという間だろうし、もっともっと自分が心から尊敬できて一緒に居たいと思える人にたくさん出会いに行こうと思う。

地球には60億人もいるんだし、自分が出会える人なんて一握りだけど、だからこそ見てる世界が全てではないと思うから。

 

でも苦手な人にもきちんと人としてスマートに振る舞えるようにしたい。

苦手は苦手で返される必要はないと思うし、愛想よくいたい。

冷たくするとか嘘ついてまで避けるとか挨拶しないとかは絶対人として違うと思うんだ。

八方美人である必要はないけど、人として最低限のことはきちんと出来るような人間でいたい。

 

そんなことを思った8月の最初の日でした。(きゃー日付変わってる!笑)